〒350-1213 埼玉県日高市高萩605-1 TEL:042-978-8630

日高市高萩、眼科、高萩さくら眼科 (白内障・緑内障・糖尿病網膜症)

多焦点眼内レンズ

日帰り白内障手術 詳しくはこちら

多焦点眼内レンズ 詳しくはこちら

多様なレーザー治療 詳しくはこちら

緑内障検診 詳しくはこちら

求人案内 詳しくはこちら

患者さまの声

HOME»  多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズについて

通常、白内障手術を受けたあとの見え方は「やや遠く」に焦点を合わせます。それが日常生活が一番しやすく、乱視や他の目の病気がなければ、メガネをかけず車の運転ができる視力になります。
しかし、そうすると新聞の文字が読みづらくなります。見出しの文字は読めますが、記事の内容はメガネをかけないと見えないと思います。「老眼鏡をなるべくかけたくない」と言う方は、多焦点眼内レンズを検討なさるのはいかがでしょうか。
このレンズは、パソコン(スマホ)をされる方、ゴルフなどのスポーツをする方、楽器の演奏をする方に適しています。

多焦点眼内レンズの見え方

当院で扱っている多焦点眼内レンズの種類

PanOptix 日本アルコン社

遠方と、約60㎝の中間距離、約40㎝の近方の3か所に焦点が合う多焦点眼内レンズです。
  片眼290,000円+保険の自己負担分(18,000円~数万円)

  両眼580,000円+保険の自己負担分(18,000円~数万円)

  乱視用も同じ負担額となります。

 

手術代は保険適応となりますが、眼内レンズの費用は健康保険の適応ではありません。(選定療養)

利点

  • 眼鏡をあまり使わずに生活できるようになります。
  • パソコン(スマホ)をされる方、ゴルフをする方、楽器の演奏をする方、カーナビを見ながら運転する方などに人気があります。
  • 花粉症の時期、マスクと眼鏡で外出するとすぐ曇ってしまいますが、眼鏡なしで外出できるようになります。

欠点

  • 夜間の運転のときに、街灯が少しにじんだように見えます。
  • 通常の新聞はメガネなしで見えますが、辞書の文字や、小さい文庫本の文字はメガネが必要です。また、長時間の読書などはメガネがあったほうが楽です。
  • 慣れるまでに時間がかかることがあります。(おおむね3ヶ月)

よくある質問

Q1.多焦点眼内レンズではどのような見え方になりますか?
A1.当院の多焦点眼内レンズは、遠方からやや近方まで幅広い見え方が得られます。
多焦点レンズでは、メガネなしで運転すること、パソコンをすること、携帯電話(スマホ含む)を見ること、新聞を読むことが可能です。普通のレンズでは、遠くはよく見えるますが、新聞など手元のほうを見るときは、メガネが必要になります。
Q2.多焦点眼内レンズはどういう方に向いていますか?
A2.ゴルフなどのスポーツをされる方、楽器の演奏、カーナビを見ながらの運転をされる方などに適しています。
また、買い物、料理などの家事も眼鏡なしで問題なくできます。
Q3.どんなに小さい文字でも眼鏡なしで見えるのですか?
A3.辞書の文字や、文字の小さい文庫本など、新聞よりも細かい文字を見るのにメガネが必要です。
また、長時間の読書をする際も、メガネがあったほうが楽です。(ハズキルーペなど)
Q4.欠点は何ですか?
A4.夜に、街灯などを見ると、光のリングが見えることがありますが、それは時間とともに軽減されます。
Q5.すぐには慣れないことがあると聞きましたが。
A5.手術翌日からよく見えるという方もいれば、2~3ヶ月してやっと慣れてきて見えるようになる方もいます。
個人差がありますので一概には言えませんが、手術後にすっきりしなくても焦らずに慣れて行くのを待つと良いでしょう。
どうしても慣れずどうにかしたいときはやむを得ず眼内レンズの摘出を行い、通常の単焦点眼内レンズを入れなおします。
Q6.片目だけレンズを入れる事も可能ですか?
A6.原則両目の手術が必要です。片目だけの手術ですと、新しいレンズの見え方に適応できず、ずっと違和感が続くことがあります。
Q7.緑内障であっても多焦点レンズは使えますか?
A7.軽度の緑内障であれば大丈夫です。ただ、他の目の病気がある場合や、乱視が強い場合には適さないことがあります。
ご自分が多焦点レンズに適してしるか、医師にご確認ください。
Q8.多焦点レンズは健康保険がききますか?
A8.手術費用は健康保険の適応です。残念ながら眼内レンズの費用は保険適応ではありません。
Q9.生命保険に入っていますが、保険金はもらえますか?
A9.はい。普通の日帰り白内障手術と同じ保険金はおりると思います。ただし多焦点眼内レンズの費用は、ほとんどの保険会社様で適用外になると思います。詳しくは加入している保険会社様にお尋ねください。
Q10.先進医療特約に加入していると、多焦点眼内レンズの費用を保険金として受け取れると聞いたのですが・・・
A10. 残念ですが、多焦点眼内レンズの費用は保険金で受け取れないと思います。2020年4月より多焦点眼内レンズは先進医療から選定療養に変更になったためです。
しかし保険契約によって扱いが異なる場合がございますので、詳しくは加入している保険会社様にお問い合わせください。
Q11.手術は失敗することもありますか?
A11.多焦点眼内レンズの手術難易度は普通の白内障手術と変わりないので、99%以上成功します。ただ、どんな手術でも100%はありえないというのが実情です。もし万が一、多焦点レンズが入れられなかった場合には、自己負担分は全額返金いたします。
Q12.自己負担分を後払いにはできませんか?
A12.申し訳ありませんが、それはいたしかねます。
ただ、当院ではクレジットカードの使用ができますので、カード会社の方で分割払いなど、対応できると思います。
PAGE TOP